オルタナティブ投資

株式や債券などの従来からの投資対象以外のものに投資することをいいます。投資対象には、不動産やPE(非上場株)、インフラ、ヘッジファンドなどがあります。株式や債券とは異なった価格変動をするものに投資することにより、資産全体のリスク分散が期待できるとともに、投資対象を広げることで収益機会が広がります。トヨタ基金では、リスクレベルにより、株式代替と債券代替に分類しています。


メニュー